>

どんな仕事に携わりたいのか

自分のやる気をわかってもらおう

ほとんどの会社が求めている人間は、仕事に対するやる気を持っている人間です。
やる気がないと仕事を任せても、期限まで済ませてくれないので会社にいても迷惑なだけです。
そんな人間は、最初から採用する気がありません。
無事に採用されるためには、やる気を見せつけてください。
どんなことを頑張りたいのか、面接で説明しましょう。

具体的な希望を持っていることが伝われば、魅力的に感じてくれると思います。
希望する会社の、経営方針も理解してください。
経営方針が、自分にすごく合うと伝えると、会社についてたくさん勉強してきたということをアピールできます。
説明が難しくなる可能性があるので、スムーズに言えるよう練習しておきましょう。

採用された後のメリット

事前にやりたい仕事を伝えることで、採用されてから希望通りの仕事を任せられる可能性があります。
何も伝えないと、やりたくない仕事を任されてしまうかもしれません。
自らが臨んで就職した会社でも、部署が異なると仕事内容も異なります。
興味がない仕事では、モチベーションが下がるでしょう。
たくさんの就職希望者がいる場合は、自分が採用されるか不安になると思います。

ですが、最初からダメだと思わないでください。
マイナスのイメージを持っていれば、それが態度に現れます。
面接官から見れば、やる気がないと思われてしまうので注意してください。
自分は絶対に採用されると、明るい気持ちを持ちましょう。
ポジティブに、面接を乗り越えてください。


この記事をシェアする