>

見た目に注意して面接に行こう

髪の毛を整えよう

男性も女性も、髪の毛をきちんと整えて、清潔感を出してください。
面接では、清潔感を見られています。
きちんとした恰好をしていることで、人間性をアピールできます。
身だしなみを整えていない人は、人間性に問題があると思われるので不採用になるケースが多いです。
会社で採用すれば、その会社の顔になります。

他の会社と関わることもあるでしょうが、その時に常識を持っていない人を見られると、会社のイメージが悪くなる可能性があります。
そんなデメリットがある人を、進んで採用する会社はありません。
資格をたくさん持っていて、やる気がある人でも見た目の段階でダメになります。
第一印象が重要なので、長ければ切ったり、ゴムでまとめたりしてください。

服装やメイクも大事

基本的に面接へは、スーツで行きます。
シャツを着用すると思いますが、シワだらけになっていないか事前に確認してください。
シワだらけでは、面接官に悪い印象を与えます。
アイロンをかけて、綺麗にしてから着用してください。
女性は、メイクをしていきましょう。
社会に出て働くようになってからメイクをしないで相手に会うと、失礼だと捉えられてしまいます。

派手なメイクは避けて、ナチュラルメイクを意識しましょう。
メイクに自信がない人は、ファンデーションや口紅を塗る程度で十分です。
Iラインを太く引いたり、つけまつげをするメイクは派手になりやすいので、仕事の場合は控えてください。
仕事とプライベートで、メイクを使い分けましょう。


この記事をシェアする